「I visited Tokyo.」と「I visited to Tokyo.」どちらが正しい。

私は東京に訪れました。といういう時は、

「I visited Tokyo.」が正解。

visitは他動詞なので、「go(go to)」や「walk(walk to)」の様な自動詞と違い、

「to」は必要ありません。

「go」や「walk」は、その言葉自体で意味が通じますが、

I visited!

と言われても、

「えっ?何処へ?」

となってしまいます。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

「wind」ウィンドとワインド  「wound」ワウンドとウーンドゥ

windには二つの意味と発音があり、

ウィンドと発音するときは、風や呼吸という意味で、

ワインドと発音するときは、うねる,屈曲する,からみつく等の意味となる。

 

さらにややこしいのは、windワインドの過去形、過去分詞は

「wound」ワウンドだが、

同じ「wound」をウーンドゥと発音するときは傷や痛手という意味になる。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

You never knowってどういう意味?

「You never know」直訳すると「あなたは絶対知らない」になりますが、

日常的によく使われるので、

You never knowの後の、「until you try.」や「what can happen」等が省略されています。

意味は「分からないよ」となります。

例・You never know.She might change her mind.
(でも、彼女が心変わりするかもわからないよ)

 

 

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

meetとseeの違い

会えてうれしいです。という時は

Nice to meet you.

しかし、これは主に初対面の人に対して使う言葉。

初対面ではない人に使うとかなり失礼。

相手が知り合いの時は、

Nice to see you.が自然です。

 

meetは「知り合いになる」という意味合いが強いです。

ただ、約束した時の「会う」はmeetを使います。

Let’s meet at the station at seven.

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

as far asとas long asの違い。

どちらも「~する限り」と訳されるas far asとas long as。

as far asは主に範囲を表し。

例・As far as I know 私の知る限り。

 

一方as long asは主に条件を表す。

例・As long as you go あなたが行くのならば。

 

ちなみに、as far asの変わった使い方として、

I went out of my way as far as Rome. 私はローマまで回り道をして行った。

があります。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

try to とtry ~ingの違い

tryの後にはTo不定詞が来る場合と動名詞~ingが続く場合の2種類あります。

2つの表現には少し違いがありますので簡単にご説明。

try toは物事を始めようと試みるもまだ着手してない状態。

try ~ingは物事を始めようと試みてある程度進めている状態。

例:

I tried to cook dinner. 「私は夕食を作ろうとした。(まだ作ってない、もしくは何らかの理由で作れなかった」

I tried cooking dinner. 「私は夕食を作ってみた。(すでにある程度料理を、もしくは準備をしている状態)」

 

補足説明

Toは目的の場所・行動に向かうイメージ。

一方、ingは現在進行形のように、現在ある程度進んでいるイメージを持つと覚えやすいです。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

argueとurge

argue [アrーギュ] (…を)論じる, 論議する, (理由などを示して)(…を)主張する

urge [アージ]   (…を)(ある方向に)駆り立てる、追い立てる、急がせる、しきりに促す,しきりに促して(…)させる、(…を)主張する、力説する、

どちらも主張するという意味がありこんがらがってしまいますね。

argueは、何かの事に関して人に対して口に出して言うイメージ。

urgeは、一言でいえば「衝動」。感情を出すイメージ。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より