you are aroundの意味

you are aroundで、「あなたがそばにいる」という意味になります。

例 I feel secure when you are around.  あなたがいると心が安らぐ。

 

よくSNSやメールで、

「Are you around?」

という文を目にする機会が多いです、

「そこにいるの?」という意味で使われています。

 

 

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

loyaltyとroyaltyの違い

非常に似た単語に、「loyalty」と「royalty」があります。

「loyalty」は忠実、忠義。

「royalty」は王位、著作権使用料。(日本では使用料の意味でよく使われますね。)

発音の違いはとても分かりやすいです。

英語の授業で習ったLとRの発音の違いそのままです。

loyaltyの「ロ」は舌を上の前歯の裏側に充てて、ロイヤルティー。

royaltyの「ロ」は舌を丸めてロイヤルティー。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

You never knowってどういう意味?

「You never know」直訳すると「あなたは絶対知らない」になりますが、

日常的によく使われるので、

You never knowの後の、「until you try.」や「what can happen」等が省略されています。

意味は「分からないよ」となります。

例・You never know.She might change her mind.
(でも、彼女が心変わりするかもわからないよ)

 

 

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

meetとseeの違い

会えてうれしいです。という時は

Nice to meet you.

しかし、これは主に初対面の人に対して使う言葉。

初対面ではない人に使うとかなり失礼。

相手が知り合いの時は、

Nice to see you.が自然です。

 

meetは「知り合いになる」という意味合いが強いです。

ただ、約束した時の「会う」はmeetを使います。

Let’s meet at the station at seven.

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

tipは日常的によく使うし、めちゃくちゃ意味を持つ。

先端などの意味のあるtipはよく使われますが、とても多くの意味を持っています。

レストランなどでウィターさんに挙げるチップもこれですし、

主にtipsでヒントという意味で使われることもとても多いです。
(内密な情報や、密告するという意味もある)

他にも傾ける、(中にあるものを)捨てるがあります。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より