「quire」の付く英単語の意味

「quire」の付く単語には以下のようなものがあります。

acquire

inquire

enquire

require

quireの語源はラテン語で「探し求める」を意味しています。

それに接頭辞を付けることでそれぞれ違う意味を持たせています。

ac+quire acを付けることで動的になり「獲得する」という意味会いになります。

re+quire reは再び+「探し求める」で(要求する)。

in(en)+quire in内面まで+「探し求める」で(尋ねる)。

 

ちなみに、quire、squire、esquireの語源は「4」の意味を表すQuarterが語源です。

 

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

be used toのtoは前置詞

be used to「慣れている」のtoは一見すると不定詞のtoと思われがちだが、

これは前置詞のto。

なので、後ろには動詞の原形ではなく、名詞が来る。

He is used to cold weather.「彼は、寒いのには慣れている。」

toの後が不定詞で動詞の原形が来ているときは、「~するために使われる」という意味。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

「I visited Tokyo.」と「I visited to Tokyo.」どちらが正しい。

私は東京に訪れました。といういう時は、

「I visited Tokyo.」が正解。

visitは他動詞なので、「go(go to)」や「walk(walk to)」の様な自動詞と違い、

「to」は必要ありません。

「go」や「walk」は、その言葉自体で意味が通じますが、

I visited!

と言われても、

「えっ?何処へ?」

となってしまいます。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

英単語の先頭のDe

defame

defrost

等、英語の単語には最初にdeから始まる言葉があります。

このdeは引き剥がすというイメージ。

fameは名声や名誉。それにdeを付けて「defame」で中傷する、(~の)名誉を毀損する。

defrost(de+frost(霜)) →霜を取る。

detox(de+tox(毒)) →毒を抜く。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

whetherとweatherの発音の違い。

whetherは「~かどうか」

weatherは「天気」を表す言葉。

当然発音が違うだろうと思いきや、実はどちらも「ウェザー」です。

おそらく使い方や状況がそれぞれ異なるため、

特に混乱しないのでどちらも「ウェザー」でいいのだと思います。

ただ、whetherは「ホウェザー」という場合も多くみられます。

この方が私たちにはわかりやすいですね。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

manyと a lot of の違い

「many things」「a lot of things」 はどちらも多くの事をあらわしますが、

この違いは一番は文章として書くか、日常的な会話の中で使うかの差。

「many」は主に文章上の表現。

人との会話の中で使うなら「a lot of」の方がカジュアルです。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

「wind」ウィンドとワインド  「wound」ワウンドとウーンドゥ

windには二つの意味と発音があり、

ウィンドと発音するときは、風や呼吸という意味で、

ワインドと発音するときは、うねる,屈曲する,からみつく等の意味となる。

 

さらにややこしいのは、windワインドの過去形、過去分詞は

「wound」ワウンドだが、

同じ「wound」をウーンドゥと発音するときは傷や痛手という意味になる。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』