日本語のデパートを英語で言うと、

百貨店をさす言葉でデパートを使いますが、

departは出発する、旅出すを意味する言葉。

さらにdepartmentも大きな百貨店ではなく「部門」という小さな表現。

The shoe department 靴売り場

the sales department. 営業部

デパートといいたいときはdepartment storeとストアを付ける。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

be supposed to~ 義務を表す言葉

supposeは「想定する」「仮定する」という意味。

be supposed to~ は直訳すると、義務なのでしなければならない。となる。

I am supposed to meet him at 5:00 o’clock. は、(約束なので)彼と会うという意味内になる。 am going to meet の場合は「会うつもり」という予定。

you are sopposed to live あなたは生きなければいけない。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

「いくつかの」を表す「some」と「several」の違い

severalは一つ一つをはっきり理解しているとき。

それと比べるとsomeはぼんやりしている感じ。

I know several good restaurants.で、はっきりとお店の名前を挙げれる店をいくつか知っている。

I know some good restaurants. 名前と数はよく覚えてないけどいくつかレストランを知っているよ。

 

〇ワンポイント

someは可算名詞にも不可算名詞にも使えますが、several は可算名詞にしか使えません。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

「~なので」を表す3つの英単語 その強弱

「~なので」と理由を述べる際に使う言葉は、

「because」  「since」  「As」の三つ。

一番つよい因果関係を説明するのが「because」、その次が 「since」  「As」の順番。

「As」の場合は軽い因果関係をあらわし、ほとんど並列の関係を表す。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

toとforの違い

英語を勉強していて、あれ?この場合の前置詞って、

toだっけ?それともfor?

ってよくありますのよね。

この場合、わかりやすく、GOとLEFTで説明されることが多いです。

GOはto Tokyoで東京に向かったと、最終的にどこに到着するか、到達点、つまり結果を表すのにたいして、

LEFTの場合はleft for Tokyoで東京に向かって出発したということで、結局東京で降りたかどうかはわからない意味をふくみます。

結構わかりやすいですが、

ここで誰もが頭に浮かぶことだろうと思いますが、

ほかにもSENTやBUYとかいろいろ迷う単語ありますよね、

その場合はtoとforどっちなの?

 

ネイティブの人はイメージで使い分けているみたいです。

そのイメージとは対象がすぐにいなければいけないかどうかというイメージ。

例えば、BUY

誰かに買うという時は、買ってあげる人がそばにいなくても買えますよね、なのでfor。

SENTは送る人がいないと送れないですよね(郵便で送れば?という話はなしで)、ということでto。

ざっくりいうとこんな感じです。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』