「no」と「not」の違い


違いを説明しろと言われると意外に困ってしまう「no」と「not」の違い。

一番大きな違いは、NOTはただの事実の否定。

NOは感情的な全否定。

具体的に例を挙げると、

He is not rich.

この場合は「裕福ではない」という事実をいっているだけ。

一方、

He is no rich.

だと、「彼が裕福なわけないよ!」それどころか貧しいんだよというニュアンスになります。

日常的に使われる。

「NO」も、嫌だ、ダメ。という意味で使われていますよね、

一方「NOT」というと「それは事実と違う」の様な感じになります。

 

no=後に続く名詞や形容詞を否定(形容詞か副詞)
not=動詞を否定(副詞)

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。