faceとbe faced withの違い


能動態でfaceだと、自らの意思によって向き合っている、直面しているという状態。

一方、be faced withだと、強制的に、自発的ではなく向き合っている、直面しているという状態。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。