a pain in the neckってどういう意味?

  直訳すると「首の痛み」になる「a pain in the neck」

 意味は「悩み事」「面倒くさいこと」。

 日本では「頭痛の種」という言い方をしますが、

 英語では首が痛いという表現になります。
    
例文・The girl is a pain in the neck.
   あの娘には手を焼かされる。     

  〇補足説明

 怪我等で本当に首が痛い時は、

 「a pain in my neck」の様にtheの代わりに所有格をつければOK.

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

『play it by ear』ってどういう意味?

 直訳すると「耳でそれをやる」となる「play it by ear」

 もともと音楽の世界で使われている言葉で、

 楽譜を見ずに、耳で聞いただけで即興で演奏する事をいいます。

 そこから、日常で使われるときには、

 「出たとこ勝負でやる」

 「臨機応変にやる」

 等の意味で使われます。

 
 If something does happen, I will just play it by ear.
もし何か起こったら、臨機応変にやるだけだ。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

『straight from the horse’s mouth』って何?

 『straight from the horse’s mouth』

直訳すると、「馬の口から直接」となる「straight from the horse’s mouth」

これは昔、競馬の予想する際に「馬の口から直接聞けば確実」

という所から、「最も信頼できる筋によると」という意味で使われています。

  I got it straight from the horse’s mouth.
  (信頼できる人から聞いたから間違いないよ)

他にも諸説あり、馬の年齢は、馬の門歯をみればわかるというところからきているともいわれています。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

hit the ground runningってどういう意味?

 
  「hit the ground」で地に降り立つという意味。

  さらにrunningを付ける事で、

  そこから、新しい仕事だったり何かの取り組みを始める事を表すようになり、

  「最初から全力で動き出す」という意味になりました。
 

ビジネスの世界でよく使われる言葉で、

即戦力という意味でも用いられます。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

the dog days「犬の日」って何?

 直訳すると「犬の日」となる「the dog day」
 
この犬とは、天狼星(the Dog Star)を表していて、

 古代ローマでは、天狼星が太陽に力を与えて熱くなると信じられていたことから、

 とても暑い夏の日々の事を『the dog days』と呼ぶようになりました。

 例:Many people go swimming in the sea during the dog days.
     多くの人は真夏の暑い日に海に泳ぎに行く。

 派生して、苦しい日々や低迷期などの意味でも使われます。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

shoot the bullとは

 直訳すると「雄牛を打つ」

 ただ、この場合のbullは俗語のbullshitの略で「たわごと」という意味。

 つまり無駄なことをshootするという事から、
  
 shoot the bullで「油を売る」「むだ話をする」という意味になります。

Where did you shoot the bull?
  どこで油を売っていたんだ?

同じ表現に bullの代わりにbreeze(そよ風)を使って

shoot the breeze とも言えます。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

by and largeの語源

「全般的に、一般的に」という意味を持つ「by and large」

直訳すると「~によって、そして大きく。」となり、何故これで全般的にという意味になるのかというと、

これは元々、航海用語から来ていて、

byには、「~に向かって」という前置詞として使われることがあり、

by the windで、風に向かって(帆を立てろ)の様な使い方をされたことから、

ここでは「風上に」という意味で使われ。

 

一方、largeは「離れて」という意味で使われることがあり、

この場合、風から離れる、つまり「風下に向かって」という意味になります。

 

つまり、この二つを合わせて、by and largeとすることにより、

「風上と風下」という由来を持つことになり、

そこから「どちらにしても」⇒「全般的に」という意味を含むようになったと言われています。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より




「go cold turkey」って何?

turkey(七面鳥)は、アメリカでよく食べられる食材ですが、

本来は調理するのに手間暇がかかるもの。

しかし、調理済みの七面鳥がスーパー等で売られていて、

これを買えば、「すぐに」手に入る事から、

「直ちに」「きっぱりと」「今すぐに」等の意味が生まれ、

タバコやお酒を止める時によく使われる表現になっています。

I had smoked for 30 years but I went cold turkey last month.
(30年間たばこを吸っていたが、先月きっぱりとやめた。)

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より




cry wolfってどういう意味?

cryと聞くと、

「泣く」というイメージを持つ事が多い単語ですが、

元々は「(大声で)叫ぶ」というコアを持つ英単語です。

なので、「cry wolf」は直訳で「オオカミと叫ぶ」となります。

つまりイソップ寓話の「オオカミ少年」を表し、

そこから、「人騒がせなうそをつく」という意味になります。

 

Never cry wolf.「人騒がせな嘘をつくな。」

cry wolf[発音]

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より




go viralって何?

オーストラリアのニュースサイトにワールドカップ日本代表戦についての記事がありました。

タイトルは「Fans’ wonderful gesture goes viral after Japan upset

この『go viral』とはどういう意味でしょうか。

viralは、日本でもウィルスとして使われる名詞「virus」の形容詞形。

つまり、ウィルスのように瞬く間に広がるというところから、

「拡散する」「ネット上で話題」等の意味として使われています。

日本語の「バズる」と同じ意味で使われます。

 

補足説明・発音

「virus」の発音はウィルスではなくバイルスです。[発音を聞く]

元のニュースはmコロンビアのファンが試合後に会場を掃除する日本人を撮影してネットであげて話題になったのを取り上げたものです。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より