ά、ɑ、ɒの発音の違い

それでは、「ά、ɑ、ɒ」という発音記号の違いについて始めましょう。

とはいっても、違いを文章で説明するのは難しいです。

どういうことかというと、辞書や発音表記、国によって違いはあるものの、

同じ単語の発音を表しているからです。

お前は何をいっているんだ?

と思わてるかもしれませんが、

例えば、

「STOP」を調べると、

weblioでは「STOP」はstάp

oxford dictionariesではstɒp[英]。とstɑːp[米]

άはɑと同じです。

それで大事な発音はというと、

基本的には「オ」の口で「ア」という感じと言われています。

アとオの間の様な発音ともいえます。

ただ、ここで厄介なのが、

上記でもわかる通り、

アメリカとイギリスで発音が違うのです。

よくストップといいますが、

ストップというとイギリスの発音に近くなります。

つまり「ɒ」はアとオのオ寄りの発音。

そしてɑ」はアとオのア寄りの発音。

なのでアメリカではストップではなく、スタップの様な発音になります。

 

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

flushとflashの発音の違い

flushとflash。

どちらもフラッシュと発音してしまいがちですが、

もちろん微妙に違います。

flushは、顔を赤くする、どっと流れる、ほとばしるという意味で、(一気に水や血が流れるイメージ)

発音は[flˈʌʃ]

日本語のフラッシュに近く発音しやすいです。

 

一方flashは、ひらめき、ぱっと出る発火、閃光の意味で、

発音は[flˈæʃ]

フラッシュのラの母音はアとエの中間の発音で、

カタカナ表記にするとフラェアッシュの様な感じです。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

「ス」「シ」発音記号の違い

 

「ʃ」は日本語のシとほぼ同じ。 sheet [ʃíːt] シートゥ

「s」はスの口(スを言いながらシをいう感じ、空気をかなり出す)seat [síːt]はスィートゥ。 see[síː]はスィー。

「θ」はthによくある発音。  空気と一緒にスーの音を出すも、舌を口から出すような感じで空気をとめて ス。 think [θíŋk]  スィンク

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

sの前?後?アポストロフィーの位置

通常、所有を表す際は、名詞の後に「’s 」を付けます。

例・father’s、Tom’s

しかし、中にはSの後に「’」がついているものがあります。

例えば、students’

これは、「生徒たち」という複数形に、さらに所有のSを付ける場合には、

最後に「’」を付けるだけでいいというルールがあるため。

もしそうでないと、students’sというとても発音しにくいものになってしまうため。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

presentの発音2種類

presentは発音によって意味がかわる単語です。

人に贈るプレゼント(名詞)の事や、現在の、出席して(形容詞)のことは日本人にもなじみのある発音「プレゼント」で通じますが、

贈る、提出するという意味の動詞で使うときは「プリゼント」という発音になります。

 

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

proveとprobe

似ている英単語シリーズです。

どちらも日常的に使われるので是非区別をしておきたい単語です。

prove 証明する  [prúːv]

probe 厳密な調査 探り針 [pɹəʊb]

発音が大きく違うのでわかりやすいです。

prove はプルーヴ

probe はプロウブ

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

bearとbare 発音と違い

bear 出産する、つける、結ぶ、生む、身につける、耐える

bare 裸の、からの、

はどちらも同じ発音のベアですので違いはありませんが、

bearは動詞、

bareは主に形容詞ですのでそこで見分けましょう。

ただ、bareを「裸にする」という動詞として使う場合もあるので注意しましょう。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

hustleとhassle 意味と発音

発音の似たシリーズです。

hustle 乱暴に押す、押し込む、押し分けて進む、急がす、せかせる

発音は日本語のハッスルに近いですが、ッは入れずlは「ウ」と「ル」を同時に出すようにハスルゥ

hassle   言い合い、口論、激論、困難なこと

発音は ハェソルゥ
 

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』