interruptとinterceptの意味の違い

interruptとintercept。

どちらも「さえぎる」という意味を持つうえ、

スペルも似ているのでややこしいですね。

ただ、それぞれの意味は若干違いっています。

interruptは何かを遮ったり、中断させたりして、それ自体をなくしてしまうイメージ、

ruptには元々「壊す」という語源があります。

一方、interceptは何かを途中で遮り、それを自分の手に入れるイメージ。

サッカーやフットボールのインターセプトがいい例です。

ceptには「手に入れる」という語源があります。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

「トランプをしよう」は英語で?  トランプの歴史雑学

「トランプをしよう」は英語で、

『Let’s play cards.』

trumpは切り札という意味の単語なので、『Let’s play trump.』だと通じない。

 

日本でトランプという名称が広まったのは、

明治時代に、外国人がカードゲームをしながらトランプと言っているのを聞いて、

それが名称なのだと当時の人が勘違いしてしまったのが始まり。

先のアメリカ大統領選挙で、ヒラリーさんがキャンペーンで使用したフレーズ、

「Love trumps hate.」

この言葉が書かれたプラカードをレディー・ガガさんが掲げて日本でも話題になりました。

この『trump』は、「打ち負かす」という動詞で、

「愛は憎しみに勝つ」という意味になります。

trump [発音]

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』

you are off the hook.の意味と語源

 

直訳するとフックが外れた状態を意味しますが、

それだけでは意味が分かりませんよね。

語源を理解すると分かりやすいのでここでご紹介。

 

昔、アメリカのレコード会社では、今のようにネットやメールが無いので、

曲が大ヒットすると問い合わせの電話が鳴りやまなくなる事があった。

そこで、「受話器が絶えず外れてしまう様な状態」を意味してoff the hookと言われたのが始まりと言われています。

なので、

you are off the hook. で、

「最高だよ」「これ以上なく素晴らしい」等の相手を褒めたたえる言葉になります。

作ってくれた料理に対してや、知り合いが出ている舞台を見た後などに使うとなお喜ばれます。

メールマガジン『10秒で読める英語の勉強』