「stray」と「straight」ややこしい英単語の違い

正道から踏み出る、わきにそれる、脱線する等の意味をもつ「stray」。

一方、日本でも「ストレート」で通じる、まっすぐな、一直線のという意味の「straight」。

とても似ているのに全く逆の意味を持つこの二つの単語。

理由は、そもそも語源が違い、

「stray」はラテン語で「外にさまよい出る」の意。

一方「straight」は、中期英語で「引き伸ばされた」の意。

もちろん「straight」は動詞としては使えないのであまり間違う事はないかもしれませんが、念のため。

ちなみに、stray dogで迷い犬、つまり野良犬という意味になります。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

free ballingってどんな意味?

NETFLIXで配信が始まった「攻殻機動隊 SAC_2045」

この第五話でこんな英語字幕を見つけました。

Is he done free-balling it.

「free-balling」?って何のことだか分からなかったので、

調べてみたのですが、日本のオンライン辞書には載っていなかったので、

海外のサイトを調べたところ、こう書かれていました。

「The act of wearing pants without underwear」

どうやら下着を履かずにズボンやパンツ⤴を履くことのようです。

なるほど、自由なボールってそういう事なんだと納得。

ネットフリックスは世界で配信されているので、

英語字幕が標準で、いわゆる生きた英語がわかるので英語学習にはとてもいいかもしれません。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

「You blew it.」 あなたはそれを吹いたって何?

 blewは「吹く、(風に)吹かれて動く」等の意味を持つblowの過去形。

 直訳すると、You blew it.で「あなたはそれを吹いた」となります。

 スパイ映画等で、仲間がミスをして窮地に立たされた時などによく耳にします。

 それまで積み上げてきたものを(blow)吹き飛ばしてしまう。

 つまり、「しくじる・台無しにする」という意味になります。

ただ、あまりいい意味で使われないことも多いので、初対面の人には使わないほうがいいかもしれません。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

Keep one’s fingers crossed.ってどんな意味?

 直訳すると「指を交差したままでいる」となるKeep one’s fingers crossed.

 同様に、人差し指と中指をクロスしたジェスチャーが映画等でも見受けられます。

 これは、十字架を表し、十字架は厄払いになると言われていることから、

 「幸運を祈る」「がんばって!」という意味になります。

 I am keeping my fingers crossed for you.
あなたの幸運を祈っています。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

「冷たい肩を与える」ってどんな意味?

 直訳すると「冷たい肩を与える」となる「give someone the cold shoulder」

 これは昔、レストランなどで、高貴な人には温かい肉料理を出し、

 身分の低い人には冷たい肩肉を出したことが由来と言われています。 

 つまり、「give someone the cold shoulder」で、

 「冷たい態度をとる」という意味になります。

 
 He is always giving me the cold shoulder.
彼はいつも私に冷たい態度をとるの。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

confidentとconfidentialの意味の違いと語源

confidentは「確信して」。

confidentialは「公開しないこと」という全く違う意味と思える二つの単語。

しかし、どちらも「confide」という単語に近い物。

confideはcon+fideで「完全に信用する」つまり「あなたを信じて打ち明ける」という意味をもつ言葉。

確かに、confidentはこれで分かりますが、

なぜ confidentialは「公開しない」という意味になるのか、

これは手紙の「親展」という意味から解ります。

親展とは、重要な内容を打ち明けるので、あなた以外に読まないでください。

となり、つまり極秘という事から「公開しない」という意味が生まれました。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

Beat it!ってどんな意味?


 マイケル・ジャクソンの代表曲「Beat it!」
 
 Beatは「打つ、連打する、たたく」等の意味で、

 直訳すると「それを叩け!」になるが、

 「Beat it!」の意味は「今すぐここから消えろ」

 何故この様な意味になるかというと、

 この「it」は地面の事を指しているといわれ、

 「足で地面を叩け」

 つまり、「走ってここから去れ」という意味になります。

〇補足説明

  「Beat it!」 のミュージックビデオでもあるように、

 脅しや忠告のように使われるスラングなので、

 あまり使わない方がよろしいようです。


  

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

at oddsってどういう意味?

 「odd」は、「半端な、残りの」を意味し、

 例えば手袋などの2つないと意味のない物の、片方だけを指します。

 「an odd glove=手袋の片方」

 そこから、調和していない、意見が合わない等として用いられ、

 「at odds」で、対立しているという意味になります。

 例・at odds with the president. 大統領と対立して。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

Saysの発音

Sayにsが付いているので、そのまま「セイズ」と発音してしまいそうですが、

Saysはセイズではなく「セズ」と発音するのが正しいです。

発音[sɛz

ただ、全く通じないという事はなく、

現にイギリス人でもセイズと発音する方も稀にいます。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

a pain in the neckってどういう意味?

  直訳すると「首の痛み」になる「a pain in the neck」

 意味は「悩み事」「面倒くさいこと」。

 日本では「頭痛の種」という言い方をしますが、

 英語では首が痛いという表現になります。
    
例文・The girl is a pain in the neck.
   あの娘には手を焼かされる。     

  〇補足説明

 怪我等で本当に首が痛い時は、

 「a pain in my neck」の様にtheの代わりに所有格をつければOK.

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より